スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

    【ゲーム】カエルの為に鐘はなる


    カエルの為に鐘は鳴るカエルの為に鐘は鳴る
    (1992/09/14)
    GAME BOY

    商品詳細を見る


    <概要>
    ハード:ゲームボーイ、3DS(バーチャルコンソール)
    公式:発売当時のサイト3DS

    1992年にゲームボーイで発売された作品。
    人間、カエル、蛇の3つの変身を駆使しながら謎を解いたり敵を倒していくRPG。
    RPGの定番である見下ろし型の探索と、アクションゲームの定番である横スクロールが両方実装されているのが特徴。
    また戦闘をオートで戦うというのも特徴。

    音楽には「とたけけ」で有名な戸高一生さん

    また現在はニンテンドーショップから3DS向けに販売。

    <感想、解説>
    ゲームボーイの話題になると度々登場する本作。
    フィールドの曲とか音楽のファンも結構多いことで知られてますね。
    ということで気になっていたのでで買ってみました。
    クリア時間は6時間程度。
    ゲームジャンルを定義するのが難しいところですが、
    パズルアクションっていうのが近いところかもしれませんね。

    総評としてはコミカルで気持ちのいいゲームでした。
    クリア時間でもわかる通り難解でも、壮大でもないですが、色々な気持ちよさとコンパクトに纏まった古いRPGっぽさが、人気の理由だったのだと理解できましたね。

    「やり込みたい!遊びつくしたい!」みたいなものを求めるのなら勧められませんが、「おやつ」的に楽しむならば手軽で満足できる良作なのではないかと思いました。


    >良かったところ
    ・コミカルさ
    開幕主人公が札束で人をはたいていたり、変身アイテムが温泉卵、幸せの果実(完全に危なry
    だったりと会話やアイテムにユーモアがいい。

    ・程よい難易度
    謎解きアクション系ですが小一時間ウンウンと唸るようなものは無いので、変に詰まることなく進んだのが気持ちよかったですね。
    日記という形で進行状況を教えてくれるのもいいシステム。

    ・システム
    俯瞰視点、横スクのシステム両方で遊べるっていうのはなかなか斬新でした。

    あと難易度でも触れてますが、無駄に行ったり来たりせずに進行できたりするのが新設設計でいいです。


    >悪かったところ
    ・やり応え
    良くも悪くも基本的には雰囲気と気持ちよさなので、名作!と構えるとそこまでのやり応えやゲーム性は決してないです。
    自分も少しそういうところを期待してしまっていたので、ちょっと肩透かしを食らった感じもあったり。

    変に気負わずに400円のゲームとしてやってみるのがいいのかも。



    ちょっと懐かしい感じのゲーム、安くて手軽な良作をやりたい
    そんな人にはオススメのゲームでした。
    スポンサーサイト
    21:00 | ゲームの感想とか | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
    【漫画】俺とヒーローと魔法少女 | top | 【動画】寿司くん

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://cotrr.blog116.fc2.com/tb.php/288-88de37c9
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。