スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

    【漫画】コミックアンソロジー極 不思議の国のアリス


    コミックアンソロジー極 不思議の国のアリス Alice in wonderland (ガンガンコミックスアンソロジー)コミックアンソロジー極 不思議の国のアリス Alice in wonderland (ガンガンコミックスアンソロジー)
    (2012/11/27)
    スクウェア・エニックス

    商品詳細を見る



    <概要>
     『不思議の国のアリス』をテーマにしたアンソロジーコミック。
     表紙は「PandoraHearts」の「望月淳」。カラーイラストは「米山シヲ」、「桑原草太」、「鈴木次郎」、「赤井ヒガサ」


    <全あらすじ>
    「中学二年生アリス」・・・丸味甘
     お使い帰りの白兎が中二病全開の女の子に見つかってしまう・・・。

    「キャロルお父様の優雅な一日」・・・ヨシノサツキ
     その手のファンに大人気なドール職人通称『キャロルお父様』その正体と日常とは・・・。

    「不思議の国の斉藤さん」・・・野原ゆた
     ワンダーランドでは『アリス遊び』が流行中。しかし今回アリス役につれてこられたのはなんとサラリーマンな男性だった・・・。

    「WONDER LAND」・・・田中ひかる
     めんどくさがりな高校生の携帯に"世界を支配できる"という「WONDER LAND」というアプリが突如インストールされ、世界の選択を迫られる。

    「どうも、トランプ兵です。」・・・966
     不思議の国にはいい加減な二人の門番がいた。そんな彼らの前にアリスが迷い込んでくるが・・・。

    「カオスのお茶会のアリス」・・・西松碧也
     呼ばれた世界でアリスがたどり着いたのは酷い有様なお茶会で・・・。

    「ラビらぶっ」・・・144
     物語の役をこなすのが仕事なウサギの元にやってきたアリスはちびっこだった。

    「アリス イン ワールドエンド」・・・万丈梓
     災厄をもたらすという少女アリスを解放すべく毎日通い続けるトランプ兵の話。

    「不思議の国のそれ。~バカと勇者は使い様の巻~」・・・たがたゆうじ
     突然勇者に選ばれてしまったアリスの珍妙な冒険。


    <感想>
     あらすじの通りわりと自由な内容が多いです。なかにはこじつけのように見える作品もあったりしますがw
     表紙がGファンの作者さんなのですごく女性向けっぽいですが、そういう雰囲気があるのはアリスインワールドエンドくらいですかね。最後の作品はシュールすぎてどこ向けなのか分かりませんがw

     個人的にはミスマッチが面白い「不思議の国の斉藤さん」、この娘かわいい「ラビらぶっ」ですかね。
     このシリーズは帰宅部を読んでますが、比較してしまうと自由度の制約からか正直あとひとつ足りないような感じでした。
    スポンサーサイト
    23:56 | 漫画の感想とか | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
    藤原ここあ先生の訃報 | top | 【アニメ】2015年冬アニメ感想

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://cotrr.blog116.fc2.com/tb.php/192-818bfa30
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。